ソフトバンクグループの BB ソフトサービスは7月9日、Zenlok とライセンス許諾および販売店契約を締結し、クラウド型メールセキュリティサービス「Zenlok プレミアム」に関する戦略的事業提携を行ったと発表した。これにより、BB ソフトサービスが同サービスの総販売代理店として、サービスシステムの拡張と安定運用、サポート体制を拡充する。

Zenlok プレミアムは、「Microsoft Office 365」や「Google Apps for Business」などのメールサービスに、セキュアなファイル暗号化機能やメールアーカイブ機能を追加できるクラウド型メールセキュリティサービス。

特長は、暗号化技術に PKI 方式(公開鍵暗号方式)を採用していること。これにより、公開鍵と対をなす秘密鍵がないと復元できないため、高いセキュリティを保つことが可能だという。また、暗号化に伴う複雑な操作、鍵やパスワードの受け渡し、管理などは独自の技術によって自動化しており、高いセキュリティと容易な操作を両立するとのこと。

さらに、メールデータのアーカイブも PKI 方式を用いて暗号化しているため、メールデータが漏えいするといった事故が起こった場合でも、認証を受けたユーザーしか復元できず、より安全だとしている。加えて「誤送信対策」「大容量ファイル送信」「メールフィルタリング」などの機能も備え、使い勝手の向上と情報漏えいリスクの軽減に貢献するという。

BB ソフトサービスと Zenlok、クラウド型メールセキュリティサービスで戦略的事業提携
Zenlok プレミアムのサービスイメージ

なお、Zenlok プレミアムの利用料金は 1ID あたり年額3,780円(税込み)。そのほか、メールのアーカイブ機能に特化した「Zenlok アーカイブ」を 1ID あたり年額2,520円(税込み)で提供し、申し込み受け付けを7月23日から開始するという。