オープンキューブは、個人向けの 3D プリンタ「SCOOVO(スクーボ)C170」を7月29日に発売する。日本製でアフターサポートが受けやすく、日本語版ソフトウェア「SCOOVO Studio」と日本語によるマニュアルが付属することなどから、安心して導入できるという。税込みメーカー希望小売価格は18万9,000円。

オープンキューブ、18万9,000円の 3D プリンタ「SCOOVO C170」発売、国産/日本語ソフトなどで安心導入
SCOOVO C170

SCOOVO C170 の最大造形サイズは高さ175×幅150×奥行き 150mm、最小積層ピッチは 0.1mm。さらに、硬質アルミニウム製の3軸レールを採用することで工業用 3D プリンタ並みの精度と積層性能を実現し、低価格でありながら本格的な造形物の制作が可能としている。

ヘッドは非加熱式で、安全性が高く、消費電力も低く抑えられる。造形用の素材には、農産物由来プラスチックの PLA(ポリ乳酸)フィラメントを使用する。PLA の強度は ABC 樹脂と遜色なく、溶解する際に生じる悪臭も少ないため家庭などでも使いやすい。また、最終的に二酸化炭素と水に分解される素材であり、環境面での不安が少ない。純正 PLA フィラメントは1ロール当たり 1kg で、税込み4,200円。

SCOOVO C170
SCOOVO C170

対応 OS は、Windows XP/Vista/7/8。本体のサイズは高さ404×幅376×奥行き 333mm、重さは約 15kg。

SCOOVO C170 の紹介ビデオ