日本情報通信(NI+C)は、パイオニアのカーナビゲーション通信サービスのシステム基盤に、「NI+C クラウドサービス」が採用された、と発表した。このクラウド基盤は、「スマートループアイ」をはじめ、カーナビゲーションにおける情報ネットワークサービスの効率的な運用や新規サービス創出に貢献するという。

パイオニアが求める、AR(拡張現実)と情報ネットワークを融合したナビゲーションに応えるべく、Web アプリケーションやデータベースアプリケーション向けに設計/チューニングされた IBM の垂直統合型システム「IBM PureApplication System」を日本で初めて採用。ワークロードに応じて最適な構成を実現し、導入/カスタマイズ/保護/管理をシンプルに行うことができるようになった。