ソフトバンクが米国 Sprint Nextel を買収する計画について、米連邦通信委員会(FCC)が買収取引の実行を承認した。買収に必要とされる監督官庁の承認はこれですべて取得したことになり、取引は2013年7月上旬に完了する見通しという。

ソフトバンクがこの買収手続きで出資する金額は約216億ドル(約1兆8,000億円)。現在の Sprint を完全子会社として保有する新 Sprint を設立し、ソフトバンクは新 Sprint の株式を完全希薄化ベースで約78%持つことになる。

なお、当初ソフトバンクは買収金額を約201億ドル(約1兆5,709億円)としていたが、Dish Network による対抗買収計画の表明を受け、15億ドル引き上げて約216億ドルとした。