PR コンサルティングの井之上パブリックリレーションズは、ネット選挙が解禁されることを受けて、「有権者のためのネット選挙活用ガイドライン」を同社のホームページで公開した。

井之上 PR、「有権者のためのネット選挙活用ガイドライン」を公開
井之上パブリックリレーションズのトップページ

このガイドラインは、情報の分析手法やメッセージの伝え方など、PR 会社としてのノウハウを生かした内容になっているという。

具体的には、ネット選挙とは何か、ネット選挙の決まりごと、公職選挙法改正によ生じる有権者にとってのメリット/デメリットとともに、インターネット上で情報収集する際の注意点や、情報の真偽を見抜くポイント、自ら得た情報や意見をインターネット上で発信する際の心構えや方法などもまとめられているという。