ノルウェーのブラウザメーカー Opera Software は7月2日、外観と機能を刷新した Windows、Mac 用 ブラウザの最新バージョン「Opera 15.0」を発表した。

Opera のトップページ上部には、「スピードダイヤル」「スタッシュ」「ディスカバー」の3機能が並んでいる。

「スピードダイヤル」では、Web サイトを「スピードダイヤル」に追加し、そこに並んだ Web サイトを整理できるようになった。「スピードダイヤル」のエントリをドラッグして、トピックごとにグループ化できる。

「 スタッシュ」は収集した Web ページをひとつの場所に保存できるもので、「ディスカバー」では、選択したカテゴリのトップ記事を閲覧できる。

Windows/Mac 用 Opera は Chromium エンジン上で実行され、瞬時に Web サイトにアクセスできる。「オフロード」モードもあり、低速接続時にも Web ページのロードを高速化できる。

インターネットにあるすべてのサイトを1秒ずつ閲覧しなければならないとしたら、ノンストップで20年間かかる。それは、全世界の50万人以上の人口の都市に1週間ずつ滞在するのにかかる時間と同じだそうだ。

Opera 15.0 では、すべてのサイトを閲覧するのは無理だとしても、 Web コンテンツの感動的なコンテンツの海を、より簡単にサーフィンできるものを目指したそうだ。

Opera 最新版 15.0 が登場―グループ化ができる「スピードダイヤル」、pocket ライクな「スタッシュ」機能がある
外観も新しくなった Opera