サイバーエージェント西武鉄道は、埼玉県・秩父エリアを舞台にしたアニメーション映画「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(8月31日公開予定、以下「あの花」)の名シーンとスマートフォンを連動した O2O(Online to Offline)キャンペーン「あの花 Smile Check-in」を、8月1日より開始する。

同キャンペーンは「大人の夏の思い出づくり」をコンセプトに、秩父の街の魅力をリアルな体験を通して知ってもらうというもの。劇場版やアニメ版「あの花」に登場する実際の場所に仮想チェックインスポットを設け、QR コードを載せたポスターやパネルなどを設置。参加者は各スポットを巡りながら、スマートフォンで QR コードを読み込みチェックインしていく。

アニメ「あの花」の舞台をスマホと巡る!サイバーエージェント×西武鉄道が O2O キャンペーンを実施
チェックインスポットイメージ

参加者には、チェックインごとに「西武鉄道×あの花」のオリジナル描き下ろし壁紙をプレゼントするほか、訪れたスポットの総数に応じて限定グッズなどが抽選で当たるという。

作品内のシーンと重ねながら探訪できる
作品内のシーンと重ねながら探訪できる

チェックインスポットは、池袋駅、西武秩父駅、秩父神社、まつり会館裏、秩父札所17番定林寺、旧秩父橋、旧秩父橋下の計7か所に設置される予定。

両社は、O2O を活用したコミュニケーションにより、キャンペーンを通じて西武秩父の地域活性化を目指していくとしている。