DMM.com は、3D プリンタでユーザーの 3D データから造形を行うクリエイター向け 3D プリントサービス「DMM 3Dプリント」を開始した。同時に、高性能 3D プリンタを設置してクリエイターの“ものづくり”を支援する専用プリンティング センター「DMM 3Dプリンティングセンター」を東京都港区に開設した。同社は、先行する海外サービスと同等の価格を設定し、個人ユーザーでも気軽に利用できる環境を提供する考え。

DMM.com、「個人でも利用しやすい」3D プリント サービスを開始、「プリンティングセンター」も開設
「DMM 3Dプリント」サービスの流れ

DMM 3Dプリントは、ユーザーがインターネット経由で入稿した3D モデル データをもとにして、工業製品も出力できるという高性能/高品位 3D プリンタで制作した造形物をユーザーに返送するサービス。既存の個人向け 3D プリンタでは実現できない品質の出力が可能という。また、DMM 3Dプリンティングセンターでは、ユーザーが 3D プリンタを目の前にして専門スタッフからサポートを受けながら制作できる環境/サービスを提供する。

DMM 3Dプリント サービスで利用可能な素材は、半透明アクリル樹脂、安価なポリアミドといった樹脂素材から、シルバー、チタンなどの金属素材、フルカラー出力対応の石膏まで。DMM.com は、個人ユーザー向けサービスにおいて国内初の素材ラインナップとしている。出力可能なサイズは、最大で縦580×横75×奥行き 380mm。

利用可能な素材 (出典:DMM.com)
利用可能な素材
(出典:DMM.com)

なお、DMM 3Dプリントの提供にはチームラボ、DMM 3Dプリンティングセンターの運営には nomad が協力している。