ヤフーは、同社のポイント サービス「Yahoo!ポイント」をカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の「Tポイント」へ統合する作業を終えた。同時に、ユーザー ID「T-ID」を「Yahoo! JAPAN ID」に統一した。今回のポイント/ID の統一は、両社が2012年6月に合意した戦略的資本/業務提携に基づき進めてきた共通ポイントサービス構築のための取り組みのひとつ。

「Yahoo!ポイント」が「Tポイント」に統合、逆に「T-ID」は「Yahoo! JAPAN ID」と統一
Yahoo!ポイントが Tポイントに統合

これにより、CD/DVD 販売/レンタル店舗「TSUTAYA」やコンビニエンス ストア「ファミリーマート」など全国各地の5万8,000店以上で利用可能な Tポイントと、「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!トラベル」「Yahoo!ゲーム」など「Yahoo! JAPAN」関連サービスで使える Yahoo!ポイントが共通化。両社は「ネットとリアルを横断した日本最大の共通ポイントサービスが誕生」としている。

また、T-ID を Yahoo! JAPAN ID に統一したことで、オンライン サービス利用時には Yahoo! JAPAN ID だけで Tポイント対応サービスが使えるようになり、ユーザーの利便性が高まる。

両社は、ユーザーによる Yahoo! JAPAN ID と T カード用番号との紐付けを推進するため、2,000人に Tポイント各500ポイントをプレゼントするキャンペーン「Yahoo! JAPAN IDにTカード番号を登録すると2,000名様に500ポイントが当たる!」を7月7日まで実施中。さらに、7月8日から8月18日まで買いもので Tポイントを還元する別のキャンペーンを行う。

2,000人に500ポイントをプレゼント
2,000人に500ポイントをプレゼント