ブイキューブは、Web 会議サービス「V-CUBE ミーティング」において、各国のデータセンター間を専用回線で接続し、通信環境を強化するオプション機能「Global Link(グローバル リンク)」の対応国にインドを追加した。これにより、アジア地域における Global Link 対応国は8か国となる。

Global Link は、海外各地に設置しているブイキューブのサーバ間を国際専用線で接続し、より安定したネットワーク環境を提供するサービス。2012年11月末から提供開始している。対応国は、日本、中国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナムに加えて、今回追加されたインドの8か国。

ブイキューブ、「Global Link」対応国にインドを追加
アジア地域を中心にひろがる Global Link 対応国

同社によると、インドは人口が世界第2位の規模であり、内需の拡大による経済成長が期待され、国内外を問わず企業のさらなる進出が見込まれている。それに伴い、増加する本社との会議、各地の支店や工場といった国際間でのコミュニケーション機会に、「V-CUBE ミーティング」と「Global Link」を提供することで、アジア各国へ展開する企業の事業展開に貢献するとしている。