ACCESS は、ブラウザのみで電子書籍コンテンツの閲覧と決済ができる電子出版プラットフォーム「PUBLUS」(パブラス)を開発、サービス提供を開始した。

同社の電子出版プラットフォーム「ACCESS Digital Publishing Ecosystem」は、PUBLUS にブランド名を変更した。

PUBLUS は、電子書籍ビューワやコンテンツ配信、売上管理など、端末からサーバーシステムまでをサポートする電子出版プラットフォーム。発表以来、日本、韓国、インドネシア、米国、ブラジルなど、国内外の大手出版社、通信事業者、電子書籍事業者が採用しているそうだ。

これまでは、iOS/Android OS 搭載端末向けサービスとして提供してきたが、今回、ブラウザのみで電子書籍を閲覧できる HTML5 ベースのビューワ「PUBLUS Reader for Browser」と、ブラウザで決済できる機能も開始する。両機能が実装されたブラウザ版「PUBLUS」は、OS や端末に依存することなく、従来と同等のサービスができる。

PUBLUS Reader for Browser は、EPUB3 ビューワ「NetFront BookReader v1.0 EPUB Edition」を基に開発された。HTML5 に対応、新スマートフォン向け OS「Tizen」や Firefox でも動作できる。なお、新技術として、クラウド側で EPUB コンテンツのレンダリング処理を行う仕組みを構築、ビューワ側の処理を軽減し、デバイスや OS に関わらず表示結果を均一に保てるようにした。

また、PUBLUS の Web 本棚機能は、iOS/Android アプリケーション版で購入した書籍コンテンツの管理/共有機能はそのままに、ブラウザ版とも相互に共有できる。

ACCESS、ブラウザ版「PUBLUS」を発表--端末に依存せず電子書籍閲覧/決済が可能
PUBLUS 概要

ブラウザ上での電子商取引(EC)決済機能を実現するにあたって、インターファクトリーの SaaS 型 EC サイト構築システム「えびすマート」を採用した。