地図情報サービスのマピオンは、地図検索サービス「マピオン」で、地図と検索情報をアップデートした。 今回のアップデートでは、東日本大震災の被災地域32市町村で新たに整備された、震災後の変化情報を反映した。

整備対象地域32市町村は、青森県が八戸市、階上町。岩手県が陸前高田市、大船渡市、洋野町、山田町、田野畑村、野田村、普代村、大槌町、宮古市、久慈市、釜石市、岩泉町。宮城県が岩沼市、名取市、多賀城市、山元町、亘理町、女川町、石巻市、仙台市、気仙沼市、東松島市、塩竈市、南三陸町、松島町、利府町、七ヶ浜町。 福島県がいわき市、相馬市、新地町。

マピオンが被災地32市町村の地図情報をアップデート、空屋は形状のみ
更新例

整備された項目は、海岸線、河川、道路形状、鉄道形状、建物形状、注記文字など。

鉄道の不通区間は、3000分の1以下の縮尺の詳細地図では、線路形状を掲載していない。8000分の1以上の縮尺には表示される。また、建物は、住民退去済みの空家は形状のみを掲載、全壊、撤去されている場合は形状を掲載していない。

被災地の航空写真
被災地の航空写真にランドマーク情報を重ねたもの。写真は3月12日以降に撮影された。
提供:マピオン