IT サービス事業を展開するカブクは、3D データを制作・保有するクリエイター向けに、3D プリンタなどのデジタル製造技術を用いたものづくり・販売を支援するプラットフォーム「rinkak(リンカク)」を開発。クローズドベータ版の事前登録受付を開始した。

rinkak は、3D データを持つユーザーが同サイト上にショップを構え、製品製造から販売までを行えるマーケットプレイス。ユーザーは3D プリンタなどのデジタル製造機器を持っていなくても、3D データをアップロードしておくだけで製品を製造販売できるという。個人や企業、プロダクトデザイナーなど依頼者の業種は問わないそうだ。

3D データがあれば誰もがメーカーに--国内初3D ものづくりマーケット「rinkak」
クローズドベータ版「rinkak」サイト

製造に使用できる素材は、プラスチックや陶器、金属、ラバーなど様々で、雑貨やアクセサリー、家具、フィギュアまで幅広い製品に対応できるとのこと。

製品イメージ
製品イメージ

現在は、利用者を限定したクローズドベータ版を公開中。事前登録したユーザーには、正式サービスの開始を優先的に通知する。なお、オープンベータ版サービスは近日公開予定。