東芝は Android タブレット端末「REGZA Tablet(レグザタブレット)」シリーズの新製品として、「レグザタブレット AT703」と「レグザタブレット AT503」の2機種を6月21日に発売する。

東芝「レグザタブレット」、独自開発のノートアプリケーションを搭載した「AT703」など発売
6月21日発売の「レグザタブレット AT703」

レグザタブレット AT703 は、付属の専用ペンで文字や図形を手書きできるノートアプリケーション「TruNote(トゥルーノート)」を搭載。TruNote では、アイデアなどを最大100万ページ分のノートに書き込んだり、線の種類や色を変更してイラストが描ける。書き込んだ文字や図形を手書きで検索して、必要なページを見つけることも可能。さらに、手書きした文字をテキストデータに変換しメール送信できるほか、図形や表などをオフィス形式の文書に変換し、PC などで閲覧や編集することができる。 

ペン入力では、紙のような書き心地を実現するため、ディスプレイとペン先の摩擦抵抗を調整するとともに、独自開発の筆跡予測エンジンを搭載し、表示速度を速めたという。液晶は、従来比4倍の約410万画素の10.1型高精細液晶(2,560×1,600ドット)を採用。複数のページを並べて縮小表示しても、書いた文字が精細に表示されるそうだ。また、会議で使用したホワイトボードの内容などをデータ化するアプリケ―ション「TruCapture(トゥルーキャプチャ)」や、パワフル音響の「harman/kardon ステレオスピーカー」などの機能を搭載している。

レグザタブレット AT503 は、10.1型広視野角液晶を採用し、TruCapture を搭載。質量約 600g の軽量筐体で持ち運びしやすく、バッテリー駆動時間が約11.5時間のため、外出先などでも長時間使用できるという。

同社は今後も、手書き機能を活用したデータの保存などタブレット端末の新しい使い方を提案するとともに、ユーザーのライフスタイルに合わせた新商品を展開していくとしている。