ロモジャパンは、購入者が自分で組み立てる DIY タイプのフィルムカメラ「Konstruktor(コンストラクター)」を発売した。価格は、3,500円(税込)。

DIY タイプのフィルム一眼レフカメラ「Konstruktor」、ロモジャパンから
オリジナル製品を組み立てられる「Konstruktor」

35mm(135)フィルム用カメラで、レンズは 50mm f/10。シャッタスピードは1/80秒、焦点距離は 0.5m 〜。バルブ撮影や、多重露光撮影も可能。サイズは121×33×65mm。三脚の穴を備える。なお、ファインダーは上から覗く形式。

バルブ撮影した画像(左)と多重露光撮影した画像
バルブ撮影した画像(左)と多重露光撮影した画像

組み立てる過程で、銀塩フィルムカメラの仕組みを理解でき、写真の本質を学べるという。完成には約1時間から2時間程度かかるそう。
カメラを組み立てているビデオ