NECNEC ネッツエスアイは、東日本大震災の影響で福島県内外へ避難している双葉郡楢葉町の住民向けに、役場から情報を受け取ったり放射線量を確認したりできるシステム「ライフコミュニケーションサービス」を提供した。両社が楢葉町へ納入したもの。

NEC、避難中の楢葉町住民向けにコミュニケーションサービスを提供
楢葉町向け「ライフコミュニケーションサービス」ホーム画面

このサービスは、NTT 東日本が福島県双葉郡楢葉町から受託し提供するもの。楢葉町は4月から本サービスをベースに、全国各地へ避難している住民へ「町きずな再生電子回覧板事業」として情報提供を行なっていた。

本サービスにより、楢葉町の住民は、ネットワークとタブレット端末を使って、所在地にかかわらず役場からの情報受信や役場職員による住民の安否状況の確認、アンケートによる住民から町への要望提案などが可能になる。また、町内の様子をリアルタイムで配信するライブカメラや、地域ごとの放射線量表示機能なども使用できる。

電子回覧板サービス概要
電子回覧板サービス概要

本サービスでは住民のタブレット端末利用状況をログで確認できるようになっており、利用状況や意見などを反映し、よりよいサービスにつなげていく予定だという。