PFU は、書類を裁断しなくてもイメージデータ化できるパーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」を、7月12日から販売開始する。価格はオープン。PFU ダイレクトでの販売価格は、5万9,800円となる予定。

本を裁断しなくても電子書籍化できるスキャナ「ScanSnap SV600」
「ScanSnap」シリーズ新モデル「SV600」

SV600 は、とじられた本を裁断せずに、最大 A3 サイズまで読み取れるスキャナ。見開きにした本の湾曲を自動的に補正する「ブック補正」や「ページめくり検出」機能により、様々な媒体を簡単にイメージデータに変換できる。これにより、大切に保管しておきたい書籍や写真、とじられた契約書原本などの重要書類、クレヨン・絵の具などによる絵など表面に触れることで傷む可能性のある原稿も、読み取り面に触ることなく手軽にスキャン可能となった。

表面に触れられない原稿もスキャン可能に
表面に触れられない原稿もスキャン可能に

「ブック補正」は、本を見開きにしたとき、中央部に発生する膨らみによる歪みを自動的に補正する機能。これにより、雑誌や書籍をスキャンした場合でも、カットされた用紙と同様に読みやすいイメージデータを生成できるという。

SV600 のブック補正機能
SV600 のブック補正機能

「ページめくり検出」は、ワンプッシュで1冊の本を電子書籍化可能にする機能。スキャン時にページをめくったことを自動検出し、ページの連続スキャンを可能にする。

「ページめくり検出」機能が、自動連続スキャンを可能に
「ページめくり検出」機能が、自動連続スキャンを可能に

サイズは幅210 x 奥行き156 x 高さ383mm で、重さは約3キロ。対応 OS は、Windows XP/Vista/7/8。