ヤフーは、Yahoo! JAPAN の広告配信技術を活用し、社会貢献活動の情報と個人をマッチングするサービス「Links for Good〜クリックで、世界を変える〜」の提供を開始。スタート時点では、NPO 支援団体など約200団体の社会貢献活動を配信するという。

ヤフー、社会貢献活動をマッチングするプラットフォーム「Links for Good」提供開始
「Links for Good〜クリックで、世界を変える〜」

「Links for Good」では、サイト訪問者の興味・関心に合った広告を配信する技術「YDN(Yahoo! ディスプレイアドネットワーク)」を採用。個々のユーザーにマッチしたボランティアやチャリティーイベント、募金などの社会貢献活動の情報を、PC/スマートフォン版 Yahoo! JAPAN 各ページの専用枠に掲載する。
 

広告掲載のイメージ
広告掲載のイメージ

広告の表示回数については Yahoo! JAPAN 総 PV の1%にあたる、約5億 PV/月を目安に開始。マッチングの精度を高めながら順次拡大していくという。

サービス開始時の情報提供には、NPO などを支援する5つの団体と、「Yahoo! ボランティア」、「Yahoo! インターネット募金」、チャリティーオークションなどに協力している団体の、合計約200団体が参加している。

同社は今後、社会貢献活動の対象をそのほかの団体活動や他企業の CSR 活動へも順次拡大していく予定。なお、追加募集については2013年秋頃を予定しているとのこと。