ネットギアジャパンは、デスクトップ型ユニファイドストレージ「ReadyDATA 516」「ReadyNAS 312」の販売を6月10日に開始する。エンタープライズクラスのストレージとデータ管理ツールを利用できる。予想販売価格は、ReadyDATA 516 が最小構成で42万円、ReadyNAS 312が13万5,000円と、同スペックのものと比べて安価。

ネットギア、企業向けデスクトップ型ユニファイドストレージを発売へ
「ReadyDATA 516」

「ReadyNAS 312」
「ReadyNAS 512」


ReadyDATA 516 は、ブロックレベルのレプリケーション、重複排除、シンプロビジョニングなどの機能を搭載。ネットワークストレージ「RedyDATA 5200」と一緒に利用することで、エッジからコアまで総合的にデータを保護できるという。筐体内には、SATA HDD と SSD を混在させられる。最大 24TB まで搭載可能。

ReadyNAS 312 は、ビジネス向けエントリー機という位置づけ。小規模ビジネスネットワーク、リモートオフィス、支店向けの2ベイディスクを内蔵している。拡張ユニットによる拡張、無制限スナップショット、ウィルススキャンなどに対応している。