東日本旅客鉄道(JR 東日本)は、タブレット端末を用いた遠隔手話通訳サービスを6月17日より試行導入する。

同サービスは、遠隔通訳サービス「テルテルコンシェルジュ」と iPad のテレビ電話機能を活用。利用客が手話でのコミュニケーションを希望した場合、案内スタッフが iPad をコールセンターに接続。利用客は画面に向かって手話で質問をし、オペレーターが質問内容を案内スタッフに説明する。案内スタッフが口頭で説明した回答を、オペレーターが手話で利用客に伝える仕組みだ。

JR 東日本、タブレット端末を用いた遠隔手話通訳サービスを試行導入
iPad のテレビ電話機能を用いた、手話の遠隔通訳

試行導入箇所は、東京駅や品川駅など山手線内のインフォメーションセンターや総合案内カウンターおよび、JR 東京総合病院。サービス提供時間は、各導入箇所の営業時間のうち9時から17時まで。

サービス提供時間は、各導入箇所の営業時間内のうち9時から17時まで
サービス提供時間は、各導入箇所の営業時間内のうち9時から17時まで

なお、試行期間は2013年6月17日(月)から2014年3月31日(月)までを予定している。