フジテレビジョンは、テレビ出演者情報やクーポンなどの番組関連コンテンツを放送と連動して表示できるスマートフォン向けアプリケーション「メディアトリガー」の提供を開始した。それに伴い、同アプリケーション向け配信システム「SmartSynchroCast(スマートシンクロキャスト)」も開発した。Google Play、iTunes App Store で無償ダウンロード提供中。対応 OS は、それぞれ Android2.3 以上(一部端末を除く)/iOS4.3 以上。

フジテレビ、放送と連動して関連コンテンツを提供するスマホ用アプリ「メディアトリガー」
メディアトリガーの利用イメージ

放送番組とメディアトリガーを同期させる方法は、時刻トリガー/通信トリガー/音響トリガー/映像トリガーの4つ。時刻や指定されたタイミング、音声、映像に対応して、番組に合った Web ページやクーポン、特典などのコンテンツを提供する。

メディアトリガーをインストールしたスマートフォンやタブレット端末をセカンドスクリーンとして利用するため、さまざまなサイズに適切にコンテンツを表示させる機能や、受信履歴の自動保存機能などを搭載した。

地上波だけでなくさまざまな放送局が参加できる仕様で、放送と連動させたワークフローに載せることが簡単なことから、放送放出システムの改修が不要というメリットもあるという。また、イベントにも応用可能。

同社は、6月12日〜14日に幕張メッセで開催される「IMC TOKYO 2013(Interop Media Convergence)」(時代の先端をゆく技術や製品を発表するイベント)の Broadcaster's Innovation エリアで、展示とデモンストレーションを行う予定。