マキコーポレーションは、2台のカメラで前後を同時撮影可能な新型ドライブレコーダとして、「DVRGPS-31D」を発売する。赤外線ライトを備えており、夜間も撮影できる。価格はオープンだが、予想実売価格は1万3,800円前後だという。

同製品は、前面用と背面用の2つのカメラを搭載することで、前後同時に撮影可能となった。録画モードはエンジンをオンにすると自動録画を開始するモードと、動きを検出して自動録画を開始するモードの2種類に対応。搭載している加速度センサーにより振動、衝撃、急加速/停止などを感知して動画ファイルを自動ロックできるので、決定的瞬間を逃さないという。

前後同時に撮影できる暗視対応 GPS 付きドライブレコーダ
前後同時に撮影できる暗視対応 GPS 付きドライブレコーダ

また、赤外線ライトが使用可能なので夜間の走行時でもはっきりと撮影できるとしている。さらに、GPS センサーを内蔵し、ドライブの後などに走ったルートを付属ソフトウェアで撮影データとともにチェックできる。

電源はシガーソケット電源アダプターと内蔵リチウムイオン充電池に対応。シーンに応じて使い分けが可能。