バッファローは、パソコンなどから引き抜いた際に USB コネクタ部が自動的に収納される「オートリターン機構」を搭載した USB メモリー「RUF3-HPM」シリーズ(容量:64GB、32GB、16GB、8GB)を発売する。カラーバリエーションはブラック、シルバー、レッド、ブルーの4色。価格はオープン。6月上旬から全国の家電量販店で販売する。

使用しないときにはコネクタ部は本体に収納されていて、使用する際にノック式ボールペンのようにボタンを押すことで飛び出す仕組み。使用後にパソコンから取り外すと、コネクタ部は自動的に収納される。

バッファロー、コネクタ部を自動収納する「オートリターン機構」を搭載した USB メモリー
コネクタ部を自動収納する「オートリターン機構」を搭載した USB メモリー

また、新世代の高速コントローラとフラッシュメモリーを搭載し、約180MB/sの転送速度を実現している。使い勝手の良さを求める人からスピード重視の人まで快適に使えるという。