オウケイウェイヴは、同社の Q&A サイト「OKWave」などの運営サービスに蓄積したビッグデータを基に、VOC(顧客の声)分析を行う研究機関「OKWave 総合研究所」を5月29日に開設した。

オウケイウェイヴ、ビッグデータの活用と VOC 分析を行う研究機関を開設
ビッグデータの活用と VOC 分析を行う研究機関「OKWave 総合研究所」

OKWave 総合研究所は、ビッグデータ活用と企業の VOC 活用のニーズに着目し、同社社内に開設した研究機関。OKWave に投稿された2,900万件以上の「Q&A」と1,200万件以上の「お礼」のデータ、さらに投稿者の属性データを基にした様々な VOC 分析を行うという。

同社によると OKWave は、直接的な利害関係のないユーザー同士が「困った時」「疑問を感じた時」に質問し、知識のみならず経験に基づいて回答する仕組みであるため、投稿者の属性データと紐づけることで、有用な VOC 分析が可能だという。

同研究所は、「デジタルライフ」「マネー・保険」「美容・健康・家庭」の3分野で、毎月テーマの異なる VOC 分析を実施し、「OKWave 総研レポート」を発行。同レポートを、同社のナレッジマーケット「High500(ハイファイブ・ハンドレッド)」で販売する予定だという。また、OKWave 内の新コーナー「QA ラボ」でも、一般消費者向けにわかりやすく解説して公開する。

同研究所は今後、企業や業界動向に特化したデータ分析の個別受託を行う他、OKWave 以外の関連サービスにおける様々なログ分析も研究対象に含めることを予定している。