大阪の通信事業会社であるケイ・オプティコムは、タブレット端末による暮らし向上サービス「eo スマートリンク」の標準サービスとして、大阪マラソン公式アプリ「ハシログ」とヘルスケアサービス「eo からだケア」のデータ連携を開始した。

「eo からだケア」を利用すると「大阪マラソン2013出走権」が当たるキャンペーンも実施する。

「eo スマートリンク」では、「eo からだケア」や「eo 健康レシピ」など、家族の健康をサポートするコンテンツとして、ヘルスケアサービスを提供してきた。「eo からだケア」では、食事内容や体重などの健康データをグラフ化して管理するほか、健康維持やダイエット、美容に役立つコンテンツを提供するサービス。

今回、大阪マラソン公式アプリ「ハシログ」との連携により、ランニングやウォーキングなどの「ハシログ」を使ったトレーニングデータは、「eo からだケア」の運動記録として自動連携される。

「eo スマートリンク」の「eo からだケア」、大阪マラソン公式アプリ「ハシログ」とデータ連携
「ハシログ」トレーニングデータが「eo からだケア」運動記録として自動連携