Dish Networks による Sprint の買収は一段と困難なものとなった。ソフトバンクと Sprint は5月29日、今回の買収案が対米外国投資委員会(Committee on Foreign Investment in the United States:CFIUS)による承認を受けたことを発表した。

SoftBank による Sprint 買収案を、対米外国投資委員会が承認 ― 買収に青信号
買収に向けた次の、そして最後のステップは、米連邦通信委員会(Federal Communications Commission:FCC)による承認を取得すること。FCC は、Sprint からの承認申請の検討を近く開始すると伝えられている。

今回の CFIUS の承認により、SoftBank による Sprint の買収には、青信号がともったと言えるだろう。夏が終わるころには、Sprint がソフトバンクの一部になっている可能性が高まった。