日本マイクロソフトは、「Surface」シリーズ Windows 8 Pro 搭載タブレット型 PC「Surface Pro」を新たに追加、6月7日から販売を開始する。

Surface Pro は、Intel Core i5 プロセッサーを搭載、OS は Windows 8 最上位エディションの Windows 8 Pro。Windows 8 アプリ以外に従来のデスクトップアプリケーションも使用できる。

日本市場向けモデルには「Office Home and Business 2013」(Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook)を標準搭載、日本市場向けに特に、他国市場で販売されている記憶域 64GB/128GB 構成ではなく、128GB/256GB の2モデルを販売する。256GB モデルは、他国市場に先行しての販売となる。

マグネシウム合金製の本体、一体型 Kickstand、タッチカバー/タイプカバーおよび2つのHD カメラなど、既存の Surface RT と共通する特徴に加え、同梱した専用ペンで操作できるほか、フル HD スクリーン、USB 3.0 ポートやミニディスプレイポートを備える。

本体の参考価格は9万9,800円(税込)から。

日本 MS、国内向けに Office 搭載のタブレット PC「Surface Pro」を販売
日本マイクロソフトのトップページ