楽天は、「楽天市場」の出店店舗と「楽天トラベル」の宿泊施設と連携し、災害発生時に備える全国災害支援ネットワーク「楽天ぼうさいネット」を、5月29日に開始した。インターネットを活用した全国規模の防災ネットワークは、国内で初めてとなる。

楽天、災害支援ネットワーク「楽天ぼうさいネット」を開始--「楽天市場」店舗と「楽天トラベル」施設が連携
インターネットを活用した全国規模の防災ネットワーク

同ネットワークは、楽天本社・支社16拠点と「楽天市場」の店舗90社、および「楽天トラベル」の施設220社で構成する災害支援ネットワーク。7月以降を目途に、災害発生時には、被災地域の参加店舗・施設が稼働状況や被災状況のほか、必要とする支援情報を発信できる場を Web サイトで提供。さらに、災害支援活動が可能な全国の店舗・施設情報も集約するポータルとなることを目指すとしている。

情報発信ツールには「楽天ブログ」を採用しているため、参加店舗や施設は被災情報や支援情報をリアルタイムで発信できるという。発信された情報は Web サイト上に集約して表示し、同ネットワークの参加者だけでなく、一般にも公開をする。

今後同社は、全国の支社を通じて参加する店舗・施設向けに説明会を実施し、「楽天ぼうさいネット」の積極的な活用を推進。さらに、全国支社の楽天社員が各地域の取りまとめ役として、参加店舗、施設、自治体間の連携を図り、実際の防災ネットワーク体制を構築することを予定しているという。

同社は、地域活性プロジェクト「まち楽」の連携関係を元に、自治体にも協力を要請するとしている。

日本在住の外国人を対象とした英語版も用意されている
日本在住の外国人を対象とした英語版も用意されている