ウェザーニューズは5月27日、今シーズンの梅雨の季節における降雨傾向を発表した。全国的に雨量は平年より多めで、特に7月上旬は西・東日本を中心に雨量が増加するとしている。

同社予想によれば、今年は西〜東日本の広範囲で平年よりかなり早く梅雨入りする予想。早いところでは平年より10日ほど早く梅雨入りするという。活発な梅雨前線の影響を早くから受けるため、梅雨の雨量は全国的に平年より多くなる見込み。

今年の梅雨は「長め」で、降雨量は多め ― ウェザーニューズ、「梅雨の降雨傾向」発表
予想降雨量マップ(出典:ウェザーニューズ)

今年の梅雨は、雨の降り方にメリハリがあり、梅雨末期の大雨が予想される。また、梅雨入りが早いため、6月中に平年より雨量の多くなる時期があり、梅雨の前半と後半に2度、雨のピークがある見込み。特に7月上旬は、例年雨量の多い時期だが、今年も各地で梅雨の雨量がピークを迎え、活発な梅雨前線の影響で西〜東日本の広い範囲で大雨となり、土砂災害や浸水などが発生する恐れがある。また、6月下旬には一時的にオホーツク海高気圧が強まり、東北太平洋側〜関東地方は梅雨寒の時期がありそう。

梅雨入りは、5月下旬の後半から、本州の南海上に梅雨前線が停滞するようになり、西日本の太平洋側から次第に梅雨らしい天気の日が増えていく見込み。今年は沖縄・奄美で平年より遅い梅雨入りとなったが、その他の地域では、平年よりかなり早く梅雨入りするところが多くなりそう。

梅雨明けは全国的に平年並になる見込みで、西〜東日本は梅雨の期間が長く、夏の訪れは西〜東日本で7月中旬、北日本で7月下旬となる予想。

■エリアごとの降雨傾向

◆北日本〜予想される降雨量は昨年よりも多め

今年は梅雨入りした後の梅雨前線の位置が例年より北にあり、6月中旬は平年より雨がまとまる可能性がある。このため、雨のピークは6月中旬と、梅雨末期の7月上旬後半〜7月中旬の2度ある見込み。

北日本降雨傾向(出典:ウェザーニューズ)
北日本降雨傾向(出典:ウェザーニューズ)

また、今年も6月下旬〜7月の初めにかけて、雨が少なく、気温の低い時期がありそう。

梅雨期間の気圧配置は昨年と似た傾向だが、梅雨入り後すぐ雨がまとまる時期があるため、雨量は平年より少なかった昨年に比べ、多くなる見込み。また、梅雨期間の降水量は平年並になりそう。

梅雨入り・梅雨明けのタイミングは、東北南部・北部ともに平年並の予想で、夏の訪れは他の地域より遅く、7月下旬になりそう。


◆東日本〜予想される降雨量は昨年よりも多め

今年は梅雨入りの時期が平年よりかなり早まる影響で、6月上旬の雨量が平年より多めになる見込み。

また、昨年同様、6月下旬になると、シトシト弱い雨の降る梅雨寒となりそう。この時期は梅雨前線が本州の南へ南下するため、雨量は少なくなる見込み。

東日本降雨傾向(出典:ウェザーニューズ)
東日本降雨傾向(出典:ウェザーニューズ)

雨のピークは大きく2回あり、6月前半には活発な梅雨前線の影響で雨がまとまる。また、梅雨末期には大雨も予想されており、昨年・平年に比べ、雨量は多めになる見込み。

今年は太平洋側を中心に平年より10日ほど早く梅雨入りするが、梅雨明けは平年並の予想で、長い梅雨になる可能性がある。昨年と比べても、関東甲信や東海で長い梅雨になりそう。


◆西日本〜予想される降雨量は昨年並(日本海側ほど多め)

今年は昨年のように台風が接近する可能性は低いが、昨年・平年より早く梅雨入りとなる予想で、6月上旬の雨量が昨年・平年より多くなりそう。

6月下旬と梅雨末期の7月上旬の後半に、活発な梅雨前線が停滞して雨量が多くなる予想で、雨量のピークが2回ある見込み。

西日本降雨傾向(出典:ウェザーニューズ)
西日本降雨傾向(出典:ウェザーニューズ)

今年は平年より8日〜10日ほど早く梅雨入りする予想だが、梅雨明けは平年並となる見込みで、梅雨の期間が平年より長くなる可能性がある。また、夏の訪れは昨年より早く、7月中旬になる見込み。


◆沖縄〜予想される降雨量は昨年よりも多め


今年は5月の雨量が多いため、沖縄地方の梅雨の雨量は昨年より多めとなる見込み。

梅雨入りした後、活発な梅雨前線が停滞する日が多く、5月のこれまでの雨量は平年より多くなっている。6月に入ると梅雨前線が本州付近に北上するため、南西諸島は晴れ間の出る時期があり、梅雨後半の雨量は平年より少なくなる見込み。

沖縄降雨傾向(出典:ウェザーニューズ)
沖縄降雨傾向(出典:ウェザーニューズ)

今年は平年・昨年に比べ、遅い梅雨入りを迎えた。梅雨明けは平年・昨年と同じくらいの時期になる見込みで、梅雨入りが遅い分、梅雨の期間は昨年より短くなりそう。