東芝は、デジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ(REGZA)」シリーズの新商品「レグザ S7 シリーズ」を6月中旬から発売する。

新 REGZA「レグザ S7 シリーズ」6月発売、スマートフォンを充電しながらコンテンツが閲覧できる
6月発売予定の REGZA 新シリーズ「S7」

画面直下の LED によりクリアな画質を実現する「ダイレクト LED バックライト」や画素を復元し映像の精細感を高める「超解像技術」、室内の明るさに応じて画質を自動調整する「おまかせドンピシャ高画質」など高画質機能が充実。また、外出中に録画できる「シングルチューナー留守録」や最新のニュースをボタンひとつで見られる「今すぐニュース」、席を外すわずかな時間用の「ちょっとタイム」などの録画機能も実装した。

スマートフォンを充電しながら、そのコンテンツを映し出せる MHL 規格にも対応。そのほか、アート時計をテレビ画面全体に表示する「アートクロック」などの機能も備えている。アート時計のアラーム機能は目覚まし時計の代わりとしても使えるそうだ。

アラーム機能も備える「アートクロック機能」
アラーム機能も備える「アートクロック」

画面サイズは 23V 型から 39V 型まで4機種。価格はオープン。