マンションエネルギー管理システムのファミリーネットジャパン大日本印刷は、電力需要が最大となる時間帯に、商業施設の割引クーポンやお買い得情報を発信して外出を促し、節電を達成する、電力ピークシフトの実証実験を7月から1年間かけて実施する。

ファミリーネットジャパンと大日本印刷、消費ピークシフト時にクーポンなどで外出を促す実証実験
実証実験イメージ

この実験では、ファミリーネットジャパンのスマートマンションサービスを導入したマンションの入居者から募集したモニター200世帯に、Android タブレット「Nexus7」を無償提供する。

タブレットに搭載されたホームアプリが、需給逼迫が予想される時間帯に商業施設の割引クーポンやお買い得情報などを受信する。それにより、入居者の外出を促し、マンション電力需要のピークシフトを目指すという。


クーポン案内イメージ
クーポン案内イメージ