日立製作所はカンパニー長や主要グループ会社社長などの経営幹部を選抜/育成する仕組みとして「Global Leadership Develpment」を導入する。2012年度からグループ会社などの一部で開始していたが、2013年度から対象カンパニーやグループ会社を拡大する。2015年度には国内外の日立グループ全体で実施する計画だ。

このシステムでは、国内外からの経営幹部の候補者に、新事業の立ち上げや海外事業拠点でのマネジメント経験を積ませたり、特別研修を実施させ、それぞれの経営ポジションの人財に合わせた育成を進めるという。これまでカンパニーやグループ会社ごとに経営幹部の選抜/育成する制度だったが、今回の導入でグループ全体での育成が可能となったという。