ニフティは6月5日から、IPv6 上での IPv4 インターネット接続サービス「v6 プラス」を無料で開始すると同時に、現在の光接続サービス「@nifty 光ライフ with フレッツ」の IPv6 対応を標準化する。

IPv4 アドレス枯渇問題に伴う、インターネットサービス利用者の IPv6 ネットワークへの円滑な移行が目的。

「@nifty 光ライフ with フレッツ」新規申込者には「v6 プラス」を標準で提供する。申込みは不要。

また「@nifty 光ライフ with フレッツ」「@nifty 光 with フレッツ」の既存利用者には、希望者に「v6 プラス」を提供するが、申込みが必要。希望者はサービスページから、または電話で申し込む。

「v6 プラス」は、JPNE の、IPv6 インターネット接続と IPv6 ネットワーク上で実現する IPv4 インターネット接続をデュアルスタックで行うローミングサービス。NTT 東西の次世代ネットワーク(NGN)を利用する ISP 事業者は、IPv6/IPv4 の設備を持たずに、インターネット接続サービスをエンドユーザーに提供できる。

ニフティ、「@nifty 光ライフ with フレッツ」新規申込で IPv6 に標準対応
「v6 プラス」サービス概要