キッチハイクは、世界中の食卓で料理の作り手とゲストをマッチングさせるオンラインプラットフォーム「KitchHike(キッチハイク)」のサービスを開始。同サイトには現在、日本/韓国/中国/タイ/マレーシア/フィリピンなど世界6か国32の食卓が登録されている。

世界の食卓と料理を食べたい人をマッチング--オンラインプラットフォーム「KitchHike」サービス開始
KitchHike サイトトップページ

KitchHike は、料理を提供したい人(COOK)とその料理を食べたい人(HIKER)をマッチングさせるオンラインプラットフォーム。COOK 側は同サイトに日程、料理内容、価格を登録し、内容に興味を持った HIKER 側が直接予約をする。掲載される料理(食卓)は、KitchHike 事務局のクオリティチェックを経て事前承認されたもののみで、HIKER は予約前に COOK のプロフィールを確認したり、チャット形式でコミュニケーションを取ることもできる。

KitchHike には世界中の“食卓”が並ぶ
KitchHike には世界中の“食卓”が並ぶ

サイトへのユーザー登録・メニュー掲載料金は無料。同社は集客、決済、サポートを行い、予約成立時に COOK 側にコミッションを請求する。旅行者が旅先で食べる家庭料理を探したり、主婦や料理好きの会社員が週末に手料理を振る舞ったりと、利用方法はアイデア次第で広がっていきそうだ。

キッチハイクは、世界中で新たな出会いの機会を生み出す新しいビジネスの形として同サービスを提案している。