日本マイクロソフトのタブレット製品「Surface RT」の販売パートナーに、エディオンとケーズデンキの、量販店グループ2つが新たに加わった。エディオン全店および100満ボルトの主要店舗と、ケーズデンキグループが展開する主要店舗からも販売される。

Surface RT は、3月15日から、ビックカメラとそのグループ会社、ヤマダ電機とそのグループ会社、ヨドバシカメラの、3つの量販店グループと(全国合計約1,000店舗)と同社オンラインストア「Microsoft Store」で販売中だ。

これに、地域密着型営業のエディオン、きめ細かいアフターサービスを行うケーズデンキの量販店グループが販売パートナーとして加わり、Surface RT の取り扱い店舗は、全国で合計約1,500店舗にまで拡大する。

MS タブレット Surface RT、量販店グループのエディオンとケーズデンキも販売
「Surface RT」