WOWOW が提供する情報番組「ザ・プライムショー」は5月15日、視聴者がスマートフォンアプリを利用し、自身のアバターを介して同番組に参加できる番組連動型サービスを開始した。

同サービスの特徴は、視聴者がアバターとして番組に参加できる点。参加方法はまず、番組公式アプリを利用してプロフィール入力や好みのパーツ選択を行い、オリジナルアバターを作成する。

WOWOW「ザ・プライムショー」、視聴者がアバターで番組に参加できる番組連動型サービスを開始
番組公式アプリでオリジナルアバターを作成できる

次に、番組に向けたメッセージなどを送信。番組がそのメッセージを採用すると、番組内のモニターに自身のアバターが表示される仕組みだ。また、メッセージ送信のほかにも、「いいね!」ボタンでリアクションしたり、Twitter 機能を使用して、番組出演者やほかのアバターと会話したりすることもできるという。

番組内のモニターに自身のアバターが表示される
番組内のモニターに自身のアバターが表示される

番組公式アプリは、iOS 5.0 以降/Android 2.3 以降に対応。iTunes App Store および Google Play で無償ダウンロード提供している。

ちなみに同アプリには、世界のエンタメニュースを網羅した「ニュース ヘッドライン」のテキスト配信機能や TV 音声を認識してスマートフォンに情報を表示する音声キャッチ機能も備わる 。

なお、アバターのイラストはフリーマガジン「R25」のイラストを担当する浦野周平氏が担当。同社は今後、パーツやアクションのバリエーションを増やし、100以上の完成パターンを揃える予定だという。