フィンランドのセキュリティサービス会社 F-Secure は、米国仮想化ベンダー Parallels と提携、F-Secure の SMB 向けセキュリティサービス「Protection Service for Business」(PSB)は「Parallels Automation」と統合、Parallels の「Gold Certificate」に認定された。

この提携で、1,000万以上の中小企業(SMB)顧客が、9,000以上のインターネットサービスプロバイダ経由で、ビジネスセキュリティを利用できるようになるという。

F-Secure はすでにサービスプロバイダのネットワーク経由で SMB に PSB を提供しているが、Parallels とのパートナーシップを通じて、Parallels のパートナーは PC/モバイルの双方で、PSB Application Packaging Standard(APS)を介して、PSB を簡単に利用できるようになる。

PSB は、PC、サーバー、モバイルデバイスをリアルタイムでオンライン上の脅威から保護するもの。企業アプリケーションのソフトウェアアップデートやバージョンアップを提供するプロアクティブなパッチ管理機能のソフトウェアアップデータと、ビジネスのセキュリティステータスを管理/監視できる管理ポータル機能もある。

フィンランドのエフセキュア、米パラレルスと提携
F-Secure トップページ