USB シンクライアントの SASTIK、トヨタ子会社の朝日航洋が導入
山間部での物資輸送はヘリコプターが便利
モバイル USB シンクライアントのサスライトによると、トヨタ自動車グループの朝日航洋がサスライトの USB セキュリティシステム「SASTIK ? Thin-Client Layer」(SASTIK)を導入したそうだ。

朝日航洋はトヨタグループの子会社で、ヘリコプターの運航技術と測量技術を基盤に、全国54拠点で事業を展開している。

SASTIK は、ネットワークに繋がった PC に USB キーを挿すだけで、指定のサーバーに接続できるため、出張先でも、USB キーで本人認証を行い、指定のシステムに安全に接続、閲覧や編集作業ができる。SASTIK の利用中は通信とデータは暗号化され、利用後に USB キーを抜くと、利用した PC から痕跡を削除、データを一切残さない。

臨場感ある空からの映像を報道
臨場感ある空からの映像を報道
今回利用対象となる「航空事業」の部門では、ドクターヘリの運航/整備、TVCM やドラマ、映画、マラソン中継、ニュースなどの報道向け、レジャー関連などの事業を手がけている。

現在、朝日航洋では SASTIK を前提とした社内システムの改善を行っており、航空事業本部での導入を皮切りに、全社導入に向けて検討している。

朝日航洋では、出張先で業務を安全かつ効率的に遂行したいという現場からのニーズに応えるべく、安全かつ安価なシステム導入が課題となっていた。

SASTIK はサーバー1台だけで、VPN や Windows ライセンスを追加せずに、リモート PC にデータを残さないセキュアな環境を構築できることが評価された。