日本 IBM は5月15日、セキュリティ運用監視サービス「マネージド・セキュリティー・サービス」(MSS:Managed Security Services)のサービス体系を変更した。

より広帯域/高速化するネットワークに向けて、「帯域」「機器の種類」を取り去り、セキュリティ機器監視サービスの利用料金を大幅に値下げした。また、これまで固定だったサービスメニューを、顧客がニーズに応じて柔軟に選択できるようにした。

MSS は、東京を含む世界10拠点にある IBM セキュリティオペレーションセンター(SOC)で、顧客サイトのセキュリティデバイスを、セキュリティ専門技術者が 24時間365日有人監視/運用/管理するサービス。

MSS はこれまで、セキュリティ機器の管理/監視という基本サービスに加え、ポリシーなどの更新、SOC での有人監視などのサービスを、IDS/IPS であれば帯域別価格で行ってきた。

今回、帯域に関係なく一律の価格体系とし、基本サービスに必要なサービスを追加する体系に変更した。顧客は、ポリシー変更の頻度やタイミングを、必要に応じ、オプショナルサービスから選択して構成できるようになった。

また、広帯域/高速ネットワークを利用する場合のサービス利用料金を大幅に値下げし、これまでと比較して最大約90%のコスト負担を抑制できるようになった。

さらに、いくつかのサービスはこれまで監視機器ごとの契約だったが、これを顧客単位の契約とした。

日本 IBM がセキュリティ運用監視サービスの価格体系を変更、顧客単位の契約に
IBM マネージドセキュリティサービス