イタリアの老舗調理器具ブランド「ラゴスティーナ」は、同ブランドの圧力なべやリゾットなべ製品を使った料理やデザートのレシピをオフィシャルサイトで公開している。

イタリア調理器具ブランド「ラゴスティーナ」、Web サイトで有名シェフらのとっておきレシピを公開
イタリア調理器具ブランド「ラゴスティーナ」、Web サイトで有名シェフらのとっておきレシピを公開

同オフィシャルサイトのレシピには、有名シェフや料理研究家5人が参加。毎日の食事やおもてなしに役立つ本格的な料理を紹介している。

イタリア料理研究家の岸摩弥子さんは、旬の素材を駆使し、前菜からデザートまで自宅で作れるイタリアンを紹介。赤坂「リストランテ アルジャーノン」の折原卓矢さんは、「イタリア料理コンクール2012」で「ラゴスティーナ賞」を受賞した2品を披露している。また、欧米での経験をベースとした料理で多くのファンから支持を集める料理研究家の藤野真紀子さんのレシピは、本格的な味ながら圧力なべで簡単に作れる内容だ。

そのほか、六本木ヒルズクラブ「ラ クッチーナ」料理長のクリスティアーノ・ポッツィさんや、イタリア料理研究家のパンツェッタ貴久子さんは、同ブランドの「ドミナ・ビアンカ」や「ニューサルヴァスパッツィオ」シリーズを用いたレシピを寄せている。

丈夫であることに加え、デザインの美しさでも知られるラゴスティーナの鍋は、イタリアでは結婚祝いの品として贈られることが多く、古くからマンマ(母)たちの相棒として、家庭の食事づくりをささえてきたという。また、1933年にイタリアで初めて製造されたステンレス製鍋は後に「カーサ・ミア」と名付けられてシリーズ化され、1955年にはニューヨーク近代美術館の永久展示品に選ばれた。