ソニーは、多量の紙を使用する大学やオフィスなどでの使用を想定した、A4 サイズに相当する13.3型のデジタルペーパー端末を開発した。今年度後期から、紙のテキストや教材のかわりに同機を使用する実証実験を、早稲田、立命館、法政の3大学で行い、2013年度内の商品化を目指すという。

ソニー、13.3型のデジタルペーパー端末を開発--2013年度内の商品化を目指す
新開発のデジタルペーパー端末イメージ

ディスプレイには、同社独自の技術を用いた13.3型サイズの1,200×1,600ドット フレキシブル電子ペーパーを採用。これにより、細かい文字でも紙のようにくっきりと読めるという。タッチパネルには光学式と電磁誘導方式を採用しており、指でのタッチ操作だけでなく、付属のペンを使用して紙のように書くこともできる。本体の厚さは 6.8mm、重さが 358g。

端末の側面イメージ
端末の側面イメージ

Wi-Fi 機能を搭載し、ネットワークを介したファイル共有するアプリケーションへの対応を予定。ファイルは、PDF 形式に対応。ストレージ用メモリは約 4GB で、microSD カードに対応するほか、micro USB スロットも搭載する。1回の充電で最大約3週間の使用が可能だという。