米国 Microsoft が Nook 買収で米国 Barnes & Noble と交渉に入っているという。米国メディア TechCrunch が伝えた。同メディアによれば、Microsoft は Nook 電子書籍リーダー(ハードウェア)ではなく、Nook Media の保有する電子書籍コンテンツに関心を持っているという。

この件を最初に報道したのは、TechCrunch だった。

「TechCrunch が入手した内部文書によれば、Microsoft は、Nook Media LLC デジタル資産の10億ドルでの買収を提案しているという。Nook Media は、電子書籍や電子版の大学教科書などを販売するジョイントベンチャーで、Barnes & Noble が他の投資家とともに設立したものだ。
≪中略≫
またこの文書は、Nook Media が Android ベースタブレットのハードウェア開発ビジネスから2014年末までに撤退し、ビジネスモデルを、Nook コンテンツを他社製デバイスに配信するものに変更する計画があることも明らかにしている」

Microsoft が Nook を買収?
Nook タブレット

The New York Times は、TechCrunch の報道を受け、Barnes & Noble の株価が上昇したことを伝えた。

「Barnes & Noble の株価は木曜午前、Microsoft が同社電子書籍ビジネスのデジタル資産に対して10億ドルを提示したとの報道を受けて急騰した。Barnes & Noble の株価は午前中の取引で18%上昇し、20.99ドルをつけた」

Ars Technica は Nook Media には、以前から資本関係があったことを伝えている。

「2012年10月に Nook Media が Barnes & Noble から分離した際、Microsoft は3億ドルを出資し、Nook Media 株式の17.6%を取得している」

PCWorld は、NPD アナリスト Stephen Baker 氏の発言を引用している。

「Microsoft は、コンテンツパートナーとなるブランドを求めているようだ。同社は Xbox Live を通じて、映画や音楽の配信を実施している。これに電子書籍を加えることで、コンテンツビジネス分野でのチャンスをより拡大したいのだろう」