SiB は、Urban Utility ブランドに、ケーブルボックス「UCCB-TD1 シリーズ」を追加した。スイング開閉式上蓋や上下位置を変えられる棚板を備え、放熱対策などにも配慮したという。直販価格は8,000円(税込)。Urban Utility の Web サイトや Amazon.co.jp で販売中。

ケーブル周りをスッキリできるボックス、機能的な内部構造で放熱対策も
カットモデルを利用した使用例

この製品を使えば、パソコンのケーブルやルータ、HUB などの周辺機器を収納できる。内部は上下2つの空間として機能的な分割。底面/側面/棚板/上蓋それぞれに熱対策用の通気口が用意され、蓄熱を回避している。

4面に設けられた通気口
4面に設けられた通気口

また、上蓋はスイング開閉式のため、個別スイッチつきの AC タップを収納してもスイッチ操作ができる。そのほか、上蓋のスリットは内部からケーブルを出して利用できるため、スマートフォンの充電などにも適している。

開閉式で機能的な上蓋
開閉式で機能的な上蓋

カラーバリエーションは白/茶/黒の3色。