日本の初等/中等教育の普通教室で Windows プラットフォームを基盤とした ICT 導入/利活用を提案する「Windows クラスルーム協議会(WiC 議会)」が発足した。会長は日本マイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏。運営事務局は日本マイクロソフト文教本部。

小・中学校の IT 教育を支援する「Windows クラスルーム協議会」発足
「Windows クラスルーム協議会」

発起人はインテル/内田洋行/NTT ドコモ/東京書籍/東芝/NEC/日本マイクロソフト/NTT 東日本/富士通。加えて、PC メーカーやソフトウェアメーカー、システムインテグレーター、教科書/教材会社など20社以上が会員企業として名を連ねている。

同議会は、児童/生徒1人1台の情報端末による教育環境の整備を支援するため、自治体/教育委員会に対して、教職員向けの体験セミナーや ICT 利用研修などを提供する。これらを通して、タブレットデバイス/学習者用デジタル教材/電子黒板などの ICT を普通教室で活用できる ICT 推進リーダーを育成するとしている。