YAMAGIWA は、IT 利用者の利便性を高め、コミュニケーションのあり方を変革すべく、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」を導入した。情報共有に問題を抱えていた同社は、クラウドによる社内インフラの整備によって組織力の強化を狙った。

YAMAGIWA が Office 365 を導入、社内コミュニケーションに革新
Office 365 導入イメージ

Office 365 導入の最大のメリットは、社外でもメールサーバーにアクセスできるようになったことだという。クラウド上に1ユーザー 25GB の大容量のメールボックスを有するため、インターネットに接続できるノート PC を持ち歩けば、社内と同じように、過去にやり取りしたすべてのメールを参照できる。

グループスケジュールの共有も重宝しているという。スケジュールを横並びで表示できるのは、日本企業の文化に合っているとのこと。

また、Office 365 ProPlus による Office のダウンロードインストールとバージョン管理は、IT 管理者の負担を軽減している。最新バージョンへのキャッチアップが容易になったほか、旧バージョンの Office も同一 PC 上で利用できるようになった。

今後は、Lync Online による Web 会議の活性化、インスタントメッセージング(IM)機能、スマートフォンやタブレット端末の導入により迅速な情報伝達を拡大していく。