Web 会議、Web セミナーなどビジュアルコミュニケーションサービスを手掛けるブイキューブは5月7日、Web 会議サービス「V-CUBE ミーティング」のアップデートを行い、新機能「個人ホワイトボード」と「ストレージ」を追加した。

個人ホワイトボード機能では、「V-CUBE ミーティング」利用の際、共有されている資料を個人専用の“ホワイトボード”に複製し、利用者それぞれが議事録やメモなどの書き込みを行える。

「V-CUBE ミーティング」が機能拡充、「個人ホワイトボード」「ストレージ」機能を搭載
個人ホワイトボード機能の画面イメージ

ストレージ機能では、Web 会議中の資料や過去の議事録、個人メモを V-CUBE ミーティング上に保存できるほか、Web 会議参加者全員への共有が可能。

ストレージ機能を利用して、保存資料の呼び出しが可能
ストレージ機能を利用して、保存資料の呼び出しが可能

両機能は、PC およびタブレットで利用できる。

同社によると、社内外で実施される打ち合わせや会議では、配布資料の有無に関わらず、参加者が自由にメモをとる場合が多い。特に、タブレット端末などを使用している顧客から、自分専用のメモを取りたいとの声が多数寄せられたため、同機能を追加するに至ったのだという。