米国 Adobe Systems は5月6日、「Adobe MAX,The Creativity Conference」で、同社のクリエイティブ向けメンバーシップ制サービス「Adobe Creative Cloud」の大規模なアップデートを行ったことを発表した。

今回のアップデートで、デスクトップ、Web サイト、およびモバイルデバイスを通じて、作業グループやクリエイティブコミュニティと連携できるようになった。

アップデート後の Creative Cloud は6月に開始される予定。

Mac OS、Windows、iOS、Android のいずれからも、Creative Cloud を介してファイルを保存/同期/共有できるようになり、また、オンラインクリエイティブコミュニティ「Behance」も Creative Cloud に統合され、ユーザーは作品を全世界に公開できるようになった。CS6 以降の主要バージョンもダウンロードできる機能を提供する。

また、今回のアップデートで、Adobe Photoshop CC、InDesign CC、Illustrator CC、Dreamweaver CC、Premiere Pro CC などの同社の「CC」デスクトップアプリケーションの次世代版も、サービスメンバーのみに提供される。デスクトップツールの Creative Suite(CS)は Creative Cloud の必要不可欠な要素として、今回 CC に名称が変更された。

Adobe Creative Cloud は、Adobe デスクトップアプリケーションや「Game Developer Tools」から製品をダウンロード/インストールして利用、また「Adobe Touch Apps」と統合、場所を問わずに利用できるメンバーシップ制サービス。

米アドビ、パッケージからクラウドサービスへ―Creative Cloud の大規模アップデート
Adobe トップページ