オリックスNECエプコが共同で設立した ONE エネルギーは、東京電力管内を対象に、家庭向けエネルギーサービスの先行受付を開始する。

蓄電池レンタルとスマートハウス向けアプリケーションを組み合わせたサービス。

一般家庭向けに NEC 製の定置用蓄電池とエプコ開発のスマートハウス向けアプリケーション「ぴぴパッ!」を、クラウドデータの連携により組み合わせ、システム一式をレンタルで提供する、国内初のサービス。新築・既築、HEMS 機器の有無、太陽光発電設備の有無は問わない。

「蓄電池レンタルプラン」には2種類あり、「ベースプラン」は初期費用0円、月額総額5,145円。「東京都限定プラン」は初期費用0円、月額総額3,045円。

「太陽光屋根借りプラン」は、ONE エネルギーが利用者の一戸建て屋根を定額で借り受け、太陽光発電パネルを設置するもの。「蓄電池レンタルプラン」と「太陽光屋根借りプラン」を組み合わせると、ユーザーはサービス導入による電気料金削減効果と屋根の賃料収入で、実質負担額0円で同サービスを利用できるそうだ。

6月1日より順次取り付けを行っていく予定。

NEC など蓄電池レンタルで一般家庭が節電できるサービスを開始、「太陽光屋根借りプラン」も
ONE エネルギーのトップページ