TrendLabs(トレンドラボ)は、ボストンマラソン爆破事件に便乗したスパムメールから1日も経たぬ間に、テキサス肥料工場爆発事故にかこつけたスパムメールが登場したことを確認した。

TrendLabs では、ボストンマラソン爆破事件以降、立て続けに不審な URL を伴うスパムメール活動や Twitter アカウントを確認していることから、サイバー犯罪者はこの悲劇を「好機」とみなしている、と見ている。

悲劇に便乗するサイバーテロ、テキサス肥料工場爆破関連のスパムも登場
事件に便乗したとみられ、不審な Web サイトに誘導する Tweet

ボストンの事件とテキサスの事件以降確認されたスパムメールは酷似しており、体裁もほぼ同じで、不正な URL は同一の構造を保持し、ユーザーの PC を感染させるエクスプロ意図コードを組み込んだページに誘導する。

マサチューセッツ工科大学(MIT)で発生した景観射殺事件に便乗する Twitter アカウントも複数確認されているという。それらのアカウントは事件に関連するキーワードを用いたリンクを拡散し、不審な評価がされた Web サイトに誘導しているとのこと。

対策として、同社では以下のことをあげている。

・身元不明の送信元から送られた不審なメールを開かない、クリックしない。
・不審なメールに添付されたファイルや記載されたリンクをクリックしない。
・特定のニュースを閲覧したい場合、検索エンジンに頼らず、ブックマークしたニュースサイトで直接確認する。