イスラエルの Ginger Software は4月24日、リアルタイム英文チェッカー「Ginger」(ジンジャー)の日本国内での正式提供を発表した。

Ginger は、入力した英文を正しいスペルと表現に最適化する英文チェッカー。Ginger Software 独自の自然言語理解(NLU)プラットフォームが、オンラインで使われている何十億もの英語フレーズを参照/解析するので、一般的なスペルチェッカーにはできない、文脈を理解した訂正ができる。

今回の正式リリースでは、ブラウザ版と Microsoft Office 版を提供する。Microsoft Word や Outlook、Gmail などの Web メールや facebook などの SNS で利用できる。日本向けのサービスとして、ユーザーの苦手なポイントを集中的に克服できる学習機能が統合されている。

イスラエル発の文脈を理解する英文チェッカー「Ginger」、日本向け正式発表
「Ginger」ロゴ

英文チェッカーのみは無料。「学習機能付き英文チェッカー」の料金は、月額課金で4.9ドル、3年プランでは59ドル。また、「学習機能付き英文チェッカー」に「文章読み上げ機能」を付けると、3年プランで149ドル。

対応 OS は Windows 8/7/Vista/XP、対応ブラウザは Internet Explorer 8/9/10、FireFox 最新版、Google Chrome 最新版、Safari 最新版。対応ソフトウェアは Microsoft Word/Outlook/PowerPoint。

Web メール利用イメージ
Web メール利用イメージ

スペルや文法を含む英文チェック機能に加え、Ginger が訂正したユーザーの間違いやすい英語を集中的に学習できる「学習アプリ」機能も提供する。

文法チェック機能は、前置詞の間違いや時制の間違いを訂正する機能だが、「学習アプリ」機能は、Ginger が訂正したユーザーの間違いやすい英語を集中的に学習できる機能で、Microsoft Office 版のみ。ユーザーが間違って書いた英語と Ginger が提示した正しい英語を2択クイズで学習し、苦手な箇所を集中的に克服できる。

Microsoft Word の書き込みイメージ
Microsoft Word の書き込みイメージ

Ginger Software の設立は2008年。インターネットにある膨大な英単語やフレーズを言語解析/統計解析し、最適な英語表現をレコメンドする自然言語理解(NLU:Natural Language Understanding)プラットフォームを開発した。

Ginger は、自然言語理解(NLU)プラットフォームをベースに、スペルチェックと、文脈にあった英語に置き替える英文ライティング ソリューション。当初は英語を母国語とする難読症のユーザー向けに開発されたが、次第に、第二言語として英語を学習するユーザーからのニーズが高まり、2010年から、英語のライティングサポートツールとしての展開を開始した。

現在、月間アクティブユーザー数は世界で100万人以上、1か月間で Ginger の提示でユーザーが訂正する数は1,100万以上だという。